軍事

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ovjbcvm0_osx_
    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/01/12(火)13:32:49 ID:6Pa
    「矛盾」という言葉は中国の韓非子の故事に基づく言葉だ。故事にあるとおり、
    どんな盾をも突き破れる矛と、どんな矛でも突き破れない盾とは同時に存在し得ないものだ。
    だが、中国メディアの網易は5日、日本で完成間近の最新型ミサイルは、
    「どんな盾でも突き破れる矛」となり得ると論じている。

     防衛省技術研究本部が完成を目指す最新型の対艦ミサイルは「XASM-3」と呼ばれる。
    マッハ3の超音速で目標に接近可能で、ステルス性があるため発見されるまでの時間を遅らせることができる。

     つまり、海上艦隊にすればミサイルが接近していることに気づきにくく、
    気づいたとしてもマッハ3という速度で接近するため迎撃時間はわずかしかないことを意味する。
    記事は「XASM-3は人類最強のミサイルだ」としたうえで、中国にとっては脅威であるとの見方を示した。

    続き exciteニュース/サーチナ 2016年1月12日 08時35分 (2016年1月12日 13時20分 更新)
    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20160112/Searchina_20160112013.html

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 34◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1451185156/765

    【【軍事】日本の最新型ミサイル「どんな盾でも突き破れる矛」中国にとっては脅威】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Dsc_3508_m
    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/01/12(火)05:44:14 ID:6Pa
    政府が中国軍艦による尖閣諸島(沖縄県石垣市)の領海(周囲約22キロ)
    への侵入に備え、新たな対処方針を決めていたことが分かった。

     国際法に基づく無害通航を認めず、海上警備行動を発令して自衛隊の艦船を派遣し、
    中国軍艦に速やかな退去を促す。新方針は、昨年11月の中国軍艦による
    尖閣諸島周辺の航行後、外交ルートを通じ中国政府に通告された。

    続き 読売新聞
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160111-OYT1T50106.html

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 34◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1451185156/762

    【【軍事】尖閣侵入なら、海自が海上警備行動…中国に通告】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2015/12/31(木)10:49:46 ID:Ddh
     陸上自衛隊が、海外でテロなどに巻き込まれた邦人を救出する訓練を
    極秘に行っていたことが30日、分かった。
    9月に成立した安全保障関連法で邦人救出に必要な武器使用が認められたことを受け、
    陸自「中央即応集団」(司令部・神奈川県)が11、12両月に2度実施。
    イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」などによるテロの脅威が高まる中、
    部隊の実戦投入に向けて大きく踏み出した。

     安保法成立を受けた新たな訓練が明らかになったのは初めて。

     中央即応集団は国際平和協力活動の専門部隊で、国連平和維持活動(PKO)などで
    先遣隊として派遣される。在外邦人救出任務でも主要な役割を果たすことが期待されている。

    続き 産経ニュース 全3ページ
    http://www.sankei.com/politics/news/151231/plt1512310005-n1.html

    【【軍事】陸自が極秘に邦人「救出」訓練 安保関連法成立を受け、武器使用方法に重点】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    B-2_launch_jassm
    1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2015/12/05(土)21:57:16 ID:nh4

    ワシントン(CNN) 米空軍は5日までに、イラクやシリアでの過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」
    の拠点空爆で米軍機が使った爆弾やミサイルの総数が過去15カ月間で2万発以上となって在庫分が減り続け、
    早急な補給が迫られる状態に陥っていることを明らかにした。

    このため兵器類補給に必要な財政措置や迅速な増産態勢の構築を求めているともした。
    米空軍のウェルシュ参謀総長は声明で、爆弾などの使用量は補充が追い付かないペースで増えていると指摘。
    B1爆撃機が投下する爆弾数は新記録となり、多種の兵器を積むことが可能で幅広い使途の任務に活用出来る
    F15E型戦闘機の出動回数も多くなっているなどと指摘。「長期の戦いに備える上で必要な資金の手当てが非常に重要」と述べた。

    米軍によるISIS拠点への空爆は昨年8月から開始された。
    米空軍当局者は、予備用に蓄えている弾薬などの現在の量について望ましい水準以下にあると述べた。
    その上でミサイル「ヘルファイア」などの増産を可能にする財政措置を求めたことを明らかにした。
    また、備蓄分の補給をより早く実現させるための兵器増産計画を作成しているとも述べた。
    補給には費用の支払い完了日から最大で4年かかる場合もあるとしている。

    ◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
    CNN 12月5日付け
    http://www.cnn.co.jp/world/35074502.html

    【【軍事】米空軍、ISIS爆撃用の爆弾不足に 使用増大で ~補給には費用の支払い完了日から最大で4年かかる場合もある】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    faa48f49471005d24a92833ebe5de443211931a71416049520
    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2015/12/05(土)16:03:57 ID:???
    中国メディア・環球網は2日、韓国政府・防衛事業庁の国防技術品質院が
    2日に発表した主要16カ国の国防技術力調査結果で、米国が1位となったほか、
    日本、中国、韓国の東アジア3カ国がいずれもトップ10入りしたことを報じた。

     記事は、国防技術力のトップ10が米国、フランス、ロシア、ドイツ、英国、
    日本、中国、イスラエル、韓国・イタリア(9位で同列)とされたことを紹介。
    9位の韓国は総合的な国防技術力が米国の81%であり、戦車や装甲車、
    艦艇や火力にで進んだ技術力を持つ一方、飛行機や無人機、監視・偵察領域の
    技術力は米国の78%とやや劣っていることが明らかになったとした。

    続き BIGLOBEニュース/サーチナ12月5日(土)9時21分
    http://news.biglobe.ne.jp/international/1205/scn_151205_0448715572.html

    【【軍事】韓国発表の国防技術ランキング、「なんと中国が日本より下?」=承服しかねる中国メディア】の続きを読む

    このページのトップヘ